市川市の朝日新聞販売店です。

船橋市行田 行田公園

  • HOME »
  • 船橋市行田 行田公園

行田公園

市川市周辺の地図を見ると、船橋市との境界を越したあたりに中山競馬場があって、その東にコンパスで円を描いたような道路に囲まれた土地が目に入ります。ここは船橋海軍無線電信所があった場所。道路が円形をしているのは無線基地の跡地だからなのです。

無線基地跡地は円形でしたが、北と南の部分に学校、団地が建てられ、公園は東西にふたつの扇を広げたような形になっています。公園の中央、東西を結ぶ歩道橋の西区域のふもとに「船橋無線塔記念碑」がありあます。この碑は行田公園に海軍無線電信所船橋送信所があったことを記念して設置されたものです。

日露戦争の後、連合艦隊の行動範囲が拡大すると、さらに遠方まで無線通信を行う必要がありました。そこで大正4年に海軍無線電信所船橋送信所がこの地に設置されたのです。

無線電信所は華々しい活躍をします。大正5年にアメリカのウィルソン大統領と大正天皇との電波の交信がハワイを中継して行われました。大正12年には関東大震災が発生して東京都心の通信は壊滅状態になります。横浜港に停泊中の船舶から被害情報を受信した無線電信所は国内外に救援電波を出して多くの人命を助けました。

昭和16年頃に長短波用の大アンテナ群が完成すると、60mから200mの鉄塔が立つ姿はランドマークとして地元の人たちに親しまれるようになります。

また、太平洋戦争の時には真珠湾攻撃部隊に「ニイタカヤマノボレ1208」の暗号電文を送信しました。ニイタカヤマ(新高山)は台湾の山の名前で当時の日本の最高峰。1208は12月8日のことで、「12月8日午前0時をもって真珠湾攻撃を開始せよ」という意味です。

終戦になると進駐軍により接収され、昭和41年に返還されましたが、昭和46年5月に解体されて無線電信所の歴史は幕を閉じました。

公園の面積は約12ヘクタール。東区域には中央に大きな芝生広場、一周約1kmのサイクリングロード、藤棚付きのイベント広場、レストコーナー、子供向け遊具のあるワンパク広場など。西区域には水生植物のある日本庭園、夏期の明るい時間帯には水が流されるカナールと呼ばれる浅い水路。そして、芝生広場、花時計などがあり、散策を楽しむことが出来ます。

中央を貫く道路沿いの西側メイン広場では、毎月2回フリーマーケットが開催されます。(堀)

【船橋無線塔記念碑】

monument記念碑は公園のほぼ中央、西区域にあり、碑文の刻まれたプレートが石垣に埋め込まれています。

【東区域と西区域を結ぶ歩道橋】

footbrige公園は中央を南北に道路が通り、東区域と西区域に分かれています。道路をまたいで東西の区域を結ぶ歩道橋が架けられています。

【西区域にある日本庭園】
japanese_garden
【参考】

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-322-4634 受付時間 9:00 - 18:00

個人情報の取り扱いについて

古紙回収について

古紙回収のお願い

朝8時迄に回収袋に入れてお出しください。(雨天決行)

古紙回収の日程

新聞休読の連絡はお早めに!

ホームページから「お留守止めのご連絡」が出来ます。詳しくはこちらをご覧ください。
PAGETOP
Copyright © (株)ワイ・エヌ・シー All Rights Reserved.