市川市の朝日新聞販売店です。

北原白秋

  • HOME »
  • 北原白秋
【写真】国府台里見公園の一角にある紫烟草舎。

shienshousha【所在】市川市国府台3丁目
北原白秋が南葛飾郡小岩村三谷で住んでいた「紫烟草舎」。

北原白秋

北原白秋と市川

歌人・童謡作家であった北原白秋(本名・隆吉)は、大正5年、真間の亀井院の庫裏で江口章子と住み始めました。しかし、白秋は、一月半ほど過ぎると江戸川を挟んだ南葛飾郡の小岩村三谷へ移ってしまいます。

白秋は静かな万葉の里を慕って来たのですけれども、当時は耕地整理事業の真っ最中で、真間川の水路は整備され、亀井坊の東の台地が崩され、手児奈霊堂周辺の蓮池も埋立られたてしまって、白秋が思った真間ではなくなったのが転居の理由のようです。

小岩村三谷に移り住んだ白秋は、その住居を「紫烟草舎」と名付け、そこで1年2ヶ月暮らしました。
この「紫烟草舎」が江戸川の改修工事にかかることになり、市川市が昭和44年に持ち主から寄贈を受け、向戸川を挟んで向いの里見公園に移築されたのが現在の「紫烟草舎」です。ここでの生活体験がのちに歌集「雀の卵」・「葛飾閑吟集」・詩文集「雀の生活」・童謡集「二重(フタエ)虹」などの作品となったといわれています。

【北原白秋略年譜】
明治18年:1月25日、福岡県柳川市に生まれる。父長郎、母しけの 長男、本名隆吉。
明治37年:中学を卒業間際に退学して上京、早稲田大学英文科予科に入学。
明治38年:長篇詩「全都覚醒賦」が「早稲田学報」の懸賞に一位当選。
明治42年:処女詩集「邪宗門」刊。実家破産。
大正 2年:福島俊子と結婚。「城ケ島の雨」作詩。
大正 5年:江口章子と結婚。真間の亀井院に寄寓。
大正10年:佐藤菊子と結婚。歌集「雀の卵」刊。
大正13年:「からたちの花」作詩。
昭和17年:東京杉並の自宅で11月2日他界。

【写真】紫烟草舎にある歌碑

hakushu_monument「華やかに さびしき秋や 千町田の   ほなみがすゑを 群雀立つ」
歌碑の脇には子息である北原隆太郎氏の解説文が立っています。
歌碑の裏には「昭和45年4月吉日 市川市観光協会建立」と刻まれていました。

【参考】

  • 真間史跡保存会設置看板
  • 市川市・市川観光協会設置看板
  • わが街いちかわ・歴史探訪 連載第11話「北原白秋と真間の亀井院」
  • 北原白秋記念館
    http://www.hakushu.or.jp/
  • 香々地町HP・北原白秋の妻・江口章子
  • すずめしんぶんのHP・北原白秋略年譜
    http://www005.upp.so-net.ne.jp/kks1377/history.htm(リンク切れ)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-322-4634 受付時間 9:00 - 18:00

古紙回収について

古紙回収のお願い

朝8時迄に回収袋に入れてお出しください。(雨天決行)

古紙回収の日程

新聞休読の連絡はお早めに!

ホームページから「お留守止めのご連絡」が出来ます。詳しくはこちらをご覧ください。
PAGETOP
Copyright © (株)ワイ・エヌ・シー All Rights Reserved.