市川市の朝日新聞販売店です。

市川市稲荷木・河原 行徳可動堰・江戸川水閘門

  • HOME »
  • 市川市稲荷木・河原 行徳可動堰・江戸川水閘門

行徳可動堰・江戸川水閘門

市川と東京の間には利根川から分流した江戸川が流れています。昔は太井川(太日川・太日河)と呼ばれ、利根川とは別に東京湾へと流れていました。その西を利根川が流れ、同じく東京湾へ注いでいたのです。

利根川は古くから「暴れ川」として知られ、氾濫することがたびたびありました。江戸幕府が開かれると徳川家康は伊奈忠次、忠治などに命じて利根川を渡良瀬川や鬼怒川とつなぐ事業を行い、60年におよぶ工事の末に利根川は銚子で太平洋に注ぐようになります。

そうすると、東北、北関東から房総半島を回って江戸へ物資を運んでいた船は利根川、太井川を通るようになります。距離が短く安全だったからです。そして、太井川は「江戸川」と呼ばれるようになるのです。
以前は、市川と行徳は陸続きでした。

明治44(1943)年からの利根川改修計画により、江戸川も拡張工事が行われます。しかし、行徳からは川が蛇行していて民家も多いことから東へと直進する放水路を造られことになります。開削工事が行われ、大正8(1919)年に放水路が完成しました。現在ではこちらが本流になり、元の流れは旧江戸川と呼ばれています。

その後、洪水対策として江戸川水門が建設されました。昭和32年には当初からの固定堰に代えて、現在の可動堰形式堰が建設されています。
行徳可動堰、江戸川水閘門は水道、工業、農業用に使用する水を溜め、塩害も防ぐ役割があります。また、洪水時には流量の調整をします。
老朽化により、可動堰の大規模改修計画が国土交通省から発表されています。絶滅危惧種のヒヌマイトトンボ、北限のトビハゼが生息する地域であることから、関係者よって意見が交わされています。

今回は身近な江戸川の歴史、行徳可動堰、江戸川水閘門についてまとめてみました。(堀)

【江戸川河川敷緑地から見た行徳可動堰】

kadouseki行徳可動堰の上には市川市稲荷木から河原へ渡る行徳橋が架けられています。堤沿いに江戸川を下ると、可動堰を越えたあたりから多数のボートなどが目に入り、景色はがらりと海の雰囲気に変ります。

旧江戸川への流量を調整する江戸川水門

suimon昭和13(1938)年、東京東部に浸水被害が発生しました。その対策として昭和18年(1943)に建設されたものです。
下流側には釣りを楽しむたくさんの人がいました。河川の魚は種類によっては禁猟の期間、体長の制限がありますので注意が必要です。(内水面漁業調整規則)

江戸川閘門と満開の桜

koumon閘門(こうもん)とは水面の高さが違う水路に船を通したり、水量を調節するための水門のことです。ゲートを開けて船を入れ、水位を出口水路の高さに調整してからゲートを開けて船を通行させます。
写真の閘門の奥は旧江戸川。旧江戸川は行徳、浦安方面へ流れていきます。

【参考】

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-322-4634 受付時間 9:00 - 18:00

古紙回収について

古紙回収のお願い

朝8時迄に回収袋に入れてお出しください。(雨天決行)

古紙回収の日程

新聞休読の連絡はお早めに!

ホームページから「お留守止めのご連絡」が出来ます。詳しくはこちらをご覧ください。
PAGETOP
Copyright © (株)ワイ・エヌ・シー All Rights Reserved.