市川市の朝日新聞販売店です。

江戸川堤を上流へ、新葛飾橋でぐるっとUターン

  • HOME »
  • 江戸川堤を上流へ、新葛飾橋でぐるっとUターン

江戸川堤を上流へ、新葛飾橋でぐるっとUターン

前回の散策は江戸川を海まで。今回は逆方向の上流に自転車を走らせてみました。

市川橋から約2.5キロ北上した付近が市川市と松戸市の境界で、柳原排水門・排水樋門ゲートがあります。この付近は水に関する施設が多く、他にもレンガ造りの4連アーチの「柳原水閘」、千葉県水道局が水を汲み上げている「矢切取水場」があります。

江戸川に沿うように流れてきた細い川がここで合流しています。この川は坂川と言って江戸時代の天保7年に掘削されたものです。江戸川河川事務所設置の「旧坂川跡の碑」には、流山・小金・馬橋など洪水に苦しむ12ヶ村が幕府へ請願を繰り返し、32年後に一部実現します。しかし、期待したほど効果がなく、さらに工事を願い出ますが下流民との利害が対立し、完成したのは55年後ということが記されています。

平坦な川なのに名前は坂川。坂川と言うのは坂のように水が流れて欲しい、そう言う願いをこめて命名されたのだそうです。

総鉄道をくぐったあたりから畑の多いのどかな風景になり、「矢切りの渡し」と書かれた大きな看板が目に入ります。看板の隣の建物は何かと思えば公衆トイレで、その先が「野菊のこみち」の入り口。矢切は伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の舞台なのです。

左手に江戸川ゴルフ倶楽部を見ながら、さらに北へ進むと「海から17.5km」の看板があり、水戸街道・常磐線に突き当たります。「外かん葛飾大橋」を渡れば葛飾区。京成金町、柴又…このあたりは映画「男はつらいよ」の舞台として有名です。

柴又へ帰る常磐線の中で寅さんは白衣を着た科学者、海賊、江戸時代農民の夢を見ています。夢から覚めた寅さんは金町で京成線に乗り換えて柴又駅で降りたのでしょう。

江戸川を下りれば右手に葛飾柴又寅さん記念館。さらに下って市川大橋を回って帰ったのでした。(堀)

【市川橋から300メートル・京成線国府台駅】

kounodaistationJR在来線のレール間隔は1067ミリメートル。京成線は新幹線と同じ幅の1435ミリです。元々は1372ミリでしたが、昭和34年に京浜急行・浅草線へ相互乗り入れのため変更されたのです。軌間が広いければ車体が安定しますから、高速化しやすい・強風に強い・車内を広く取れると言われています。強風で総武線が運休のときでも運転されることが多い京成線は通勤サラリーマンには頼りになる存在です。

 

松戸市と市川市の境にある柳原排水門・排水樋門ゲート

yanagiharahaisuimon国分川流域は都市化が進み雨量が多くなると浸水被害が出るようになりました。そこで松戸市和名ヶ谷で分水させて坂川に合流、さらに江戸川に放流するようになりました。その排水の調整をするのが柳原排水門と排水機場です。

 

 

 

三角屋根と丸屋根の金町浄水場取水口塔

shusuitou新葛飾橋を葛飾区に渡って江戸川を下り始めた所からの撮影です。三角屋根と丸い屋根は金町浄水場の取水塔。遠くに左から和洋女子大学、中央に市川駅前のツインタワー、パークシティ・マンションが見えます。

【参考】

  • 京成電鉄/軌間/金町浄水場 ウィキペディア
  • 「旧坂川跡の碑」国土交通省江戸川河川事務所設置看板

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-322-4634 受付時間 9:00 - 18:00

個人情報の取り扱いについて

古紙回収について

古紙回収のお願い

朝8時迄に回収袋に入れてお出しください。(雨天決行)

古紙回収の日程

新聞休読の連絡はお早めに!

ホームページから「お留守止めのご連絡」が出来ます。詳しくはこちらをご覧ください。
PAGETOP
Copyright © (株)ワイ・エヌ・シー All Rights Reserved.