市川市の朝日新聞販売店です。

矢切の渡し付近

  • HOME »
  • 矢切の渡し付近

矢切の渡し付近

今回は市川の隣、松戸市下矢切を歩いてきました。

【栗山浄水場の配水塔】

松戸街道を北に向かって、松戸市に入ってすぐのセブンイレブン向かいの道を入ったところに栗山浄水場があります。その中のイスラム教モスクのように目立つ建物が配水塔です。総武線で江戸川を渡るとき、車内から北側に国府台の和洋女子大の建物が見えますが、その遠く見えるのがこの建物。栗山浄水場からは松戸市、市川市、船橋市へ給水されています。

【柳原水門】

栗山浄水場正門の手前を右に下ると、江戸川のほとりに柳原排水門が見えてきます。国分川流域は都市化が進み雨量が多くなると浸水被害が出るようになりました。そこで松戸市和名ヶ谷で分水させて坂川に合流、さらに江戸川に放流するようになりました。その排水の調整をするのが柳原排水門と排水機場です。

【柳原水閘 (やなぎはらすいこう) 】

排水機場へ行く道路の途中、右手を降りた坂川に囲まれたところが柳原親水広場です。中央の元坂川だったところにレンガ造りの4連アーチがありますが、それが柳原水閘。水閘とは洪水防止のために河川の流量を調整する樋門のことです。

坂川は、江戸川の水位が上がると逆流することから、昔は「逆川」と書かれました。坂川の治水事業の歴史は古く、江戸時代から樋門が作られてきました。現在の水閘は1904(明治37)年に作られたものです。

【矢切の渡し】

徳川幕府は利根川水系の15ヶ所を定船場に指定し、それ以外の場所を渡ることを禁止しました。そのひとつが現在も残る矢切の渡しです。

昭和43年。NHK「新日本紀行」で江戸川の渡しが次々と姿を消し、「矢切の渡し」も消えてしまうかもしれないと放送されました。それを知った作曲家の船村徹さんが、「なんとか残したい」と作ったのが演歌「矢切の渡し」なのだそうです。(堀)

【矢切の渡し】葛飾柴又から下矢切を望む

yagirinowatashi幅150メートルほどの江戸川をゆっくりと進む渡し舟。運航中は矢切側に白地に赤で「矢切の渡し」と書いた旗が掲げられます。川の流れ、待ち時間などにより動力になることもあります。

【柳原水閘 (やなぎはらすいこう) 】 親水広場側より撮影

yanagiharasuimon流山から流れてきた坂川と江戸川の合流点に設置された柳原水閘。現在は水閘としては使用されていません。松戸市指定文化財に指定され柳原親水広場として親しまれています。土木学会選奨土木遺産。

【栗山浄水場の配水塔】

haisuito栗山配水塔は1937年に千葉県水道事務所江戸川水源工場の付帯施設として建設されました。鉄筋コンクリート製で、高さは31.9メートル。この配水塔は現在も利用されています。2006年に土木学会選奨土木遺産に認定されています。

【参考】

  • 「江戸川」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  • 「栗山配水塔」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  • 月刊Web広報誌「E-na」「矢切の渡し物語」
  • 土木学会関東支部 悠悠・土木/土木遺産/柳原水閘 http://www.jsce.or.jp/branch/kanto/04_isan/h16/h16_2.html

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-322-4634 受付時間 9:00 - 18:00

古紙回収について

古紙回収のお願い

朝8時迄に回収袋に入れてお出しください。(雨天決行)

古紙回収の日程

新聞休読の連絡はお早めに!

ホームページから「お留守止めのご連絡」が出来ます。詳しくはこちらをご覧ください。
PAGETOP
Copyright © (株)ワイ・エヌ・シー All Rights Reserved.